Fallout 76「エヴァンを殺す」ミッションでエヴァンがすでに死んじゃってるバグ

Fallout 76 監督官のクエスト 1

Fallout 76 の監督官のクエストの最後のミッション「エヴァンを殺す」がバグで進まなかったのでメモ。😅 (バージョン: 1.0.1.14)

遭遇したバグ

問題のミッションは、監督官の軌跡を追うクエスト「Personal Matters」の最後のミッション「エヴァンを殺す」。遭遇したバグは以下の2種類。

  • エヴァンが閉じ込められている部屋のドアがすでに空いていて、中でスコーチが死んでいる
  • エヴァンが閉じ込められている部屋のドアが開かない (エヴァンは中で動き回ってる)

どちらのケースも先にミッションが終了せず手詰まり状態になりました。😓

解決方法

海外のサイトを調べてみたところ、やはりバグでクエストが終わらないとの報告が上がっていました。他のプレイヤーが同じサーバーでエヴァンを倒してしまうと、後から来たプレーヤーはエヴァンを倒すことができないらしい。サーバー側のエヴァンのステータスのリセットタイミングの問題なのだとか。

解決策は、

  • エヴァンがまだ生きているサーバーに接続されるまで、ゲームの開始・終了を繰り返す
  • バグがアップデートで解決されるのを待つ

ということで、ゲームの開始・終了を繰り返すしかないようです。

エヴァンが生きている場合

エヴァンが生きていて、クエストが手順通り進む場合は下のスクリーンのようになります。

Fallout 76 監督官のクエスト 1

Fallout 76 監督官のクエスト 1

それでは、Vault 住民の皆さん、アパラチア再建がんばりましょう!👍

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です