ネットワーク管理コマンドを ifupdown から netplan へ変更する (Ubuntu 18.04 LTS)

Ubuntu 18.04 では基本的に最初から netplan が標準で使われているようですが、利用している VPS が古い ifupdown を使用していたので netplan に変更しました。

通常 /etc/netplan/ には設定ファイルがあるようですが、利用している環境ではファイルは何も保存さていませんでした。

注意: 設定変更前に SSH 以外のアクセス方法を確保しておきます。ネットワークの設定変更で SSH が利用できなくなる場合があります。

設定ファイルのパス

  • ifupdown: /etc/network/interfaces
  • netplan: /etc/netplan/*.yaml

netplan 用の設定ファイルを作成

/etc/network/interfaces の内容を netplan の書式に直して /etc/netplan/01-netcfg.yaml として保存します。

作成した /etc/netplan/01-netcfg.yaml

network:
  version: 2
  renderer: networkd
  ethernets:
    eth0:
      dhcp4: no
      dhcp6: no

  bridges:
    br0:
      interfaces: [eth0]
      dhcp4: no
      addresses: [100.200.1.127/24]
      gateway4: 100.200.1.254
      nameservers:
        addresses: [100.200.254.1,100.200.254.2,1.1.1.1,8.8.8.8]

設定を反映

設定を反映させます。

$ sudo netplan apply

ネットワークのアドレスが正しく設定されているかを確認します。

$ ifconfig

ifupdown 用のサービスを無効化します。

$ sudo systemctl disable networking.service

netplan 用のサービスを有効化します。

$ sudo systemctl enable systemd-networkd

再起動時の問題

設定をコマンドで反映させた場合は問題なくネットワークが使用できましたが、再起動するとネットワークに接続できない問題が発生しました。

解決方法

/etc/network/interfaces の行をすべてコメントアウトしました。(削除しても大丈夫かも?)

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。