検査機を購入して血中ケトン体濃度をチェック

糖質制限 (ケトジェニックダイエット) を始めて2カ月が経過し、なんとなく効果は出ているものの、自分の食事のメニューでケトン体が出ているのかがいまいちよくわからない・・。

この友達が教えてくれた尿検査でケトン体濃度が測れる検査紙を使ってみたんですが、色の変化があいまいで、これまたよくわからない・・。(なんか開封後1カ月くらいしたら、検査紙が灰色っぽく変色しちゃったし・・。)

ということで血液から血中ケトン濃度を測れる検査機を買うことにしました!

必要なもの

どの検査機にしようか数時間 Google で検索しながら考えたんですが、結局 Abbott というメーカーの “Freestyle Optium Neo” を購入することにしました。糖尿病の患者さん向けに作られている製品です。選んだ理由は消耗品の検査紙 (紙というか実際は電子回路が入ったプラスチック) が安価で入手しやすいからです。1回の検査のコストが1AUDくらいです。eBay で日本へも発送できます。

血中ケトン濃度を測るのに必要な物は以下の4点。検査紙と穿刺針は1回の検査で使い捨ての消耗品です。

  • 検査機
  • ケトン検査紙 (消耗品)
  • 穿刺器具
  • 穿刺針 (消耗品)

“Abbott Freestyle Optium Neo” には以下が含まれています。

  • 検査機本体 x 1
  • 穿刺器具 x 1
  • 穿刺針 x 10

ので、”Abbott Freestyle Optium Neo” と “Abbott Freestyle Ketone Test Strip” を購入すれば検査ができます。

できるんですが、自分は痛いのが嫌なので、糖尿病の友人がお勧めしてくれた別の穿刺器具と穿刺針も購入しました。ついでに、血糖値も測れるように血糖値用の検査紙も買いました。ということで以下の商品を eBay で注文しました。(右側は英語の検索用キーワード)

  • 検査機: “Abbott Freestyle Optium Neo”
  • ケトン検査紙 (消耗品): “Abbott Freestyle Ketone Test Strip”
  • 血糖検査紙 (消耗品): “Abbott Freestyle Glucose Test Strip”
  • 穿刺器具: “Accu Check Lancing Device FastClix”
  • 穿刺針 (消耗品): “Accu Check Lancets FastClix”

商品到着

eBay で注文して届いたのがこちら。

このセットがあればとりあえず10回は検査ができます。左のがメインの検査機で右がケトン検査紙です。消耗品のケトン検査紙と穿刺針は後で追加購入する予定です。

これがついでに買った血糖検査紙です。

そしてこれが、友人お勧めの穿刺器具と穿刺針です。自分はこれを使うので、”Abbott Freestyle Optium Neo” に付属の穿刺器具と穿刺針は使わずに保管しておきます。

検査の結果

1週間くらい起床直後にケトンと血糖値を測ってます。起床直後はケトン値は低く、食後に上昇しています。0.4~1.7 mmol/L の間で変化してます。ケトン値も血糖値も正常範囲内でした。

もうしばらく検査し続けて、自分のケトン値の傾向を探ってみます。L-カルニチンの有効的な摂取タイミングとかも調べられそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です